wifi対応端末を接続しよう

Wifiのルーター側の設定

Wifiを接続するにはルーター側が接続してくる決まった端末を受け入れる設定にする必要があります。なぜならこの設定を行っておかないと、家の外から他人が勝手にWifiに接続をし、インターネットを利用しようとしてくる危険性があるからです。これは気分が良くないのももちろんありますが、その他人の接続を確保する方にルーターの処理能力を使われてしまうため、あなたが接続した時の速度や安定性まで失われる危険があります。また家の中のネットワークに侵入されることでセキュリティ面での危険性もあるでしょう。まずはルーターの設定で家の中で使うWifi機器の設定を行い、それ以外からの接続を遮断する用に設定します。これで外部からの接続はなくなり、安心してWifi接続をすることができます。

Wifi接続したい機器の設定を行う

次にWifiを使ってインターネットに接続したい機器側の設定も行います。まずはネットワークの名前となるSSIDを入力します、これは周辺にあるwifi接続可能な機器の一覧から選んでも良いです。自分の持っているルーターのSSIDを選んだら、次に暗号化キーと呼ばれるパスワードを入力します。この2つが完了すればWifi接続は完了です。SSIDや暗号化キーは購入時のマニュアルなどの書類や、本体の横に貼ってあるシールなどに直接記載されているのでそちらで確認しておきましょう。もし入力しても接続できない場合は暗号化キーの見直しをしてみましょう。暗号化キーは大文字と小文字の区別があるので、小文字のl(エル)と大文字のI(アイ)を見間違えることなども多く、注意が必要です。