wifiルーターが必要なケース

自宅でwifi環境を構築する人が増えている

自宅でwifi環境を構築する人は増えています。会社や喫茶店などで自由に使えるwifiに慣れてしまうと、どうしてもwifiのない環境では通信量を気にしてしまいます。パケット通信が無制限だったりした頃は気にならなかったものですが、結局どの通信会社でも制限が掛かりそうな様相を呈しています。ここは自宅にもwifi環境を構築して、一番長い時間過ごす場所ではパケット通信の掛からない状態にしたいものです。

昔からインターネット回線を引いていて、有線LANで繋いでいた人も、スマートフォンやタブレットを使うようになって、無線のありがたみを感じてwifiを構築した人は多いでしょう。近年のプロバイダ事情としては、大抵の場合ルーターに有線だけでなく無線機能が備わっており、それがwifiなのであまり意識せずとも使える状態になっているはずです。

新たにwifiルーターが必要なケース

しかしプロバイダのルーターを設置して、そのルーターにwifi機能が備わっていたとしても、別にwifiルーターが必要なケースはあります。その一つとして、家が大きくて電波が届かない場合が挙げられます。無線の電波も距離が離れると弱くなり、壁や家電が間にあると届く距離が短くなると言います。そこで届かない部屋に届かせるため、中継器としてもう一台、wifiルーターを用意する必要が出てくるのです。

もう一つは対応機器が多すぎる場合で、プロバイダのルーターが補える台数より多くの機器を使っている場合も、別に用意する必要があります。家族がそれぞれノートパソコン、スマートフォン、タブレットを持っていたら、かなりすぐ台数制限に達してしまうでしょう。その部分には注意しなければなりません。