wifiルーターの設置場所は大丈夫?

wifiルーターとデバイスは距離を離し過ぎない

wifiルーターと接続するデバイスが、離れすぎていると電波の感度が悪化します。自宅にwifiルーターを設置したが、頻繁に回線が途切れる、という悩みを抱えている方は一度、設置場所を確認してみましょう。パソコンやスマートフォンを主に使うリビングや私室の近くに、wifiルーターはなるべく設置したいところです。2階建てのマイホームの場合、wifiルーターは1階よりも2階の部屋に設置した方が感度が落ちにくくなります。wifiの電波は下から上に拡散しやすい仕様になっており、反対に1階のリビングなどに本体を設置すると、2階の書斎や私室では感度が落ちやすくなるので要注意です。機器自体の移動が難しい場合は中継器を、機器の間に設置してみるのも一つの打開策となります。

電波を遮る障害物にご用心

木製の分厚い扉や金属製の家具などが、デバイスとwifiルーターの間に置かれていると、それが障害物になります。障害物が間に入ると、電波の感度が落ち、wifiルーターのスピードや安定性が減少します。ペアリングしたパソコンやスマートフォンと、wifiルーターの距離が近くとも扉や壁、家具などで電波が送受信し難い環境になっていると、使い勝手が悪くなります。移動させられる家具は場所を移し、リビングの扉や和室の襖など、開け閉めできるものは、なるべく開放しておきましょう。電子レンジや他のワイヤレス製品もまた電波の感度を落とす要因になり得ます。キッチンや色々な電子機器が集まるパソコンデスクの周辺に、wifiルーターを設置するのはなるべく避けたいところです。